1
1: 名無し 2016/10/25(火) 05:41:37 ID:S/C7l1Yn0.net
どんなのか教えろよ

4: 名無し 2016/10/25(火) 05:45:32 ID:vQvnN+Zb0.net
一から世界を創造できるやつすごいと思う
どうしてもこの世界が軸になっちゃう

8: 名無し 2016/10/25(火) 05:49:18 ID:S/C7l1Yn0.net
まず
地形
どういう生命体がいるのか
言語はどうなっているのか
文明はどの程度発達しているのか
この四つからして創るの難しいからな

16: 名無し 2016/10/25(火) 05:53:56 ID:vQvnN+Zb0.net
>>8
しかもそれを上手く説明しようとしちゃうじゃん?
書くわけでもない俺の脳内の話なんて誰も見てないのに
だからきつい

23: 名無し 2016/10/25(火) 05:57:17 ID:S/C7l1Yn0.net
>>16
最終的に脳内じゃ整理できなくなってメモ帳とかにまとめ始めたのが俺だ

13: 名無し 2016/10/25(火) 05:51:48 ID:S/C7l1Yn0.net
文明が発達してる世界なら
各国の関係やら各国元首の性格やらも考えなきゃだし
治安やら技術レベルも考えなきゃならん
必ずどこか破綻してしまう

118: 名無し 2016/10/25(火) 07:11:55 ID:qHrxITECK.net
経済とかエネルギー事情を考えるの楽しいわ

129: 名無し 2016/10/25(火) 07:34:40 ID:S/C7l1Yn0.net
>>118
経済やエネルギーは考えてると破綻するよな
……オリジナル国家でも作ったのか?

7: 名無し 2016/10/25(火) 05:48:07 ID:1WlAW6KK0.net
ファンタジーの世界で孤独に生きる妄想

11: 名無し 2016/10/25(火) 05:50:12 ID:S/C7l1Yn0.net
>>7
孤独ってどういうことだ
忌み嫌われてるのか?

22: 名無し 2016/10/25(火) 05:57:07 ID:1WlAW6KK0.net
>>11
両親が魔王討伐に成功するが、その際に呪いをかけられて産まれてくる子供に魔族の力が宿る。
その特徴から両親も魔族だと散々貢献してきた世界に敵視され追われる。
両親の能力的に人間を退ける力はあるが、子供に平和に暮らしてほしいため2人の命を犠牲に
人が入れない結界(森のドーム)を作りそこでわいは動物たちと暮らすんや。

もっと細かく妄想してるけどな。

26: 名無し 2016/10/25(火) 05:58:54 ID:S/C7l1Yn0.net
>>22
ふむふむ面白いな
お前そのうち魔王とかなりそうで怖いけど

31: 名無し 2016/10/25(火) 06:00:35 ID:1WlAW6KK0.net
>>26
よくわかったな。

40: 名無し 2016/10/25(火) 06:07:06 ID:S/C7l1Yn0.net
>>31
人間との意思疏通がとれない
嘗て虐げられていて親が死ぬ要因となった
魔族の特徴をついでいる

完璧に魔王ルートだろこんなん

60: 名無し 2016/10/25(火) 06:20:50 ID:1WlAW6KK0.net
>>40
人間との間に力の差がありすぎるから魔王らしい行動はしないんだけどな。
あくまで噂される程度であって、その状態で城下町とか村とか旅してるところ。
両親からは弱いものを傷つけたらいけませんよー可哀想な存在なんですよーって言われて育ったから傷つけることはない。
たまたま襲われてる少女を助けたり、自分のことに興味を持って近づく人が現れるけどそいつらたいてい死んでく。

65: 名無し 2016/10/25(火) 06:23:24 ID:S/C7l1Yn0.net
>>60
マオーかわいそう
理解してくれる人は死に勘違いされたまま生きていくのか……

86: 名無し 2016/10/25(火) 06:36:11 ID:1WlAW6KK0.net
>>65
この後はたぶん身分がバレるけど、人が攻撃してくるだけで勝手に自滅していくからそれにうんざりして永い眠りについて別の時代で生きようとすると思うよ。

以前妄想したものとしては、時間の行き来が出来る力があるから過去にあった事件を未然に防ごうとして奮闘する話しで、現代に戻ったら世界が変わってて知ってる人が誰もいなくなってたって話。

88: 名無し 2016/10/25(火) 06:37:25 ID:S/C7l1Yn0.net
>>86
……なんというか………悲劇だな
…前の妄想もkwsk

107: 名無し 2016/10/25(火) 06:55:08 ID:1WlAW6KK0.net
>>88
情報源として最初は新聞とかネットで事件を探して、時を遡って、被害者を現場に向かわせないとか犯人を追い返すとかで対処したんだけど、現代に戻って記事を確認したら結局犯人は別の事件起こすだけだから犯人を殺すことを決意する。
そういうことを繰り返すうちにとうとう現代で情報を得られないような時代に突入する。
初めのうちは現代にそこまで異変がなくて気にならなかったが、大昔に遡って殺した人物が現代の多くの人間の祖先だった。
自分の両親もそのうちの一人のため自分の存在がわからなくなって自殺する話し。

125: 名無し 2016/10/25(火) 07:31:40 ID:S/C7l1Yn0.net
>>107
旧約聖書の世界に片足突っ込みそうだな
主人公はカインを殺してしまって生まれる子はアベルの子になってしまう、と
結果的に人類は総じて入れ替わりカインの血を引くのは主人公だけになってしまう
やばい世界だな

15: 名無し 2016/10/25(火) 05:53:04 ID:5+rZJXh40.net
不定形生物しか居ない世界

20: 名無し 2016/10/25(火) 05:56:35 ID:S/C7l1Yn0.net
>>15
スライムとかか?

24: 名無し 2016/10/25(火) 05:57:40 ID:5+rZJXh40.net
イメージ的にはそんな感じ
ナメクジ的なのがぐっちゃぐっちゃしてる世界を最近ずっと考えてる

29: 名無し 2016/10/25(火) 05:59:30 ID:S/C7l1Yn0.net
>>24
全体的にぬめぬめしてそう

33: 名無し 2016/10/25(火) 06:01:42 ID:5+rZJXh40.net
いやその不定形生物は動き方としては戦車みたいな?イメージだから粘液で汚れたりはしないんだ
そして地上に建造物を作るんじゃなくて地下に作ってるんだよ

34: 名無し 2016/10/25(火) 06:02:45 ID:vQvnN+Zb0.net
>>33
奇才すぎるだろお前
どうか作品にしてほしい

36: 名無し 2016/10/25(火) 06:04:32 ID:S/C7l1Yn0.net
>>33
発送が自由だな
そう言うの好きだよ俺

41: 名無し 2016/10/25(火) 06:07:14 ID:5+rZJXh40.net
やっぱり不定形だから文明と言うか技術はあまり発達しないんだよ
だけどその中で色々試行錯誤してたり冒険してたりするのが良いんだよ
妄想って良いよね

45: 名無し 2016/10/25(火) 06:10:14 ID:S/C7l1Yn0.net
>>41
スライム自体は知性を持っていて不定形ゆえに技術向上が出来ないのか
それともそもそもスライムには知性がなく機械的というか動物的にしか動けないのか

48: 名無し 2016/10/25(火) 06:12:15 ID:5+rZJXh40.net
知性はあるし感情もあるんだけど人間とはちょっと違っててやっぱり不定形だからもっと単純なのよ
だから技術向上は余り進んでないけどゆっくり進んでる
不定形だから触手出したりするくらいしか出来ないしね

52: 名無し 2016/10/25(火) 06:14:50 ID:S/C7l1Yn0.net
>>48
なるほどなぁ……興味深い
不定形生物は一種か?多種か?

59: 名無し 2016/10/25(火) 06:19:41 ID:5+rZJXh40.net
その生物自体は1種だけど世界自体には数種類の生物が居てそれらを食料として生きてる
卵生であって体の形状で思想的な差が出来てきてる
人間には及ばないけど

63: 名無し 2016/10/25(火) 06:21:59 ID:S/C7l1Yn0.net
>>59
天敵は居ないのか?

64: 名無し 2016/10/25(火) 06:22:24 ID:vQvnN+Zb0.net
なんか手塚治虫思い出すと思ったらあれだ
火の鳥のムーピーだ
7781695_1

69: 名無し 2016/10/25(火) 06:25:56 ID:5+rZJXh40.net
体の形状でって言うか体の形状の使い方でって事
例えば触手をメインにするとか体を回転させる戦車のキャタピラみたいな行動様式をするかみたいな感じで
そこらへんの思想と技術の関係性を考えるのが難しい
天敵は居ないけど気候変動である程度は死ぬ
体の強度が生肉やナメクジみたいに柔らかいもんだからかなりダメージは受けやすい
人間みたいな感じ
ってのをずーっとイメージしてるんだわ
>>64
アレ好きだったわ
常時アレの形状が無い状態みたいな感じ

71: 名無し 2016/10/25(火) 06:29:00 ID:S/C7l1Yn0.net
>>69
なるほど、ある程度自分で補完できるかわりにダメージに弱いのか
そうかんがえると天敵が居ないから進化みたいなのが緩やかなのかもな

76: 名無し 2016/10/25(火) 06:31:12 ID:5+rZJXh40.net
平和な世界の方が好きなんよね
時折気候変動でふっ飛ばしたりはするけど

77: 名無し 2016/10/25(火) 06:31:34 ID:vQvnN+Zb0.net
>>69
ちなみにコミュニケーション能力はどんなもん?
種の文化を保存し、ミームを形成できる程度のレベルはあるのか、それとも前の世代が死んだら次の世代はまた一からスタートなのか

90: 名無し 2016/10/25(火) 06:38:03 ID:5+rZJXh40.net
>>77
普通にあるよ
但し余り複雑な会話は性質的に余りされてない

95: 名無し 2016/10/25(火) 06:40:13 ID:vQvnN+Zb0.net
>>90
じゃあ文明はゆったり発達していく感じか
いいね

99: 名無し 2016/10/25(火) 06:45:33 ID:5+rZJXh40.net
>>95
これからどうするかは分からないけどねwww
サンクス

74: 名無し 2016/10/25(火) 06:30:56 ID:OJfqY3D/d.net
例えばいまここにこれを書き込んでいる人物がAさんだとする
じゃあなぜ自分はAさん視点でしかこの世界を見ることが出来ないのか Aしか操作出来ないのか
この世界には億単位の人が居るのにだ 人以外の生物も含めればもっと多いだろう
おかしいではないかこれだけの人が居ながらAの意識しか認知出来ない あまりにも不自然だ
それはなぜか 俺は考えた 答えが考えただけで見つかるわけも無いのに何年も考えた そして一つの仮説がたった
A以外の存在は全てNPCなのだ AだけがPCで他は全てNPC これなら説明が付く 家族も友人も他人も全てNPC
じゃあそれらに危害を加えるとどうなるのか Aが死ぬとどうなるのか ゲームオーバーなのか不死身なのか
俺は考えるだけでまだ試行出来ずにいる

84: 名無し 2016/10/25(火) 06:35:42 ID:S/C7l1Yn0.net
>>74
シミュレーテッドリアリティだな面白い
シミュレーテッドリアリティ(英: Simulated reality)とは、現実性(reality)をシミュレートできるとする考え方であり、一般にコンピュータを使ったシミュレーションによって真の現実と区別がつかないレベルでシミュレートすることを指す。シミュレーション内部で生活する意識は、それがシミュレーションであることを知っている場合もあるし、知らない場合もある。最も過激な考え方では、我々自身も実際にシミュレーションの中で生きていると主張する(シミュレーション仮説)。

シミュレーテッドリアリティとは

101: 名無し 2016/10/25(火) 06:46:26 ID:jD0/aYPP0.net
>>84
お前もNPCなのか?その返答すらもあらかじめ用意された定型文なのか?

103: 名無し 2016/10/25(火) 06:50:14 ID:S/C7l1Yn0.net
>>101
お前はそれを知らなくていいんだよ

116: 名無し 2016/10/25(火) 07:06:15 ID:1WlAW6KK0.net
中学の時にTVで写ってるこの場所は本当はもうないんじゃないか?飛行機乗って目的の場所に行くってなっても本当はそんなところもうなくて本来と違う場所に行ってるんじゃないか?
この世界は誰かに管理された世界なんじゃないかって想像してたわ。

それ繋がりでもう一つ思い出したけど、地球は実は水槽の中の生き物のようなものかゲームの中の世界のようなもので、誰かが育ててるような存在かなって妄想してたこともあった。

117: 名無し 2016/10/25(火) 07:07:21 ID:5+rZJXh40.net
>>116
SFでありがちだけどそんな妄想面白いよな
でも考えすぎると怖くなる

127: 名無し 2016/10/25(火) 07:33:40 ID:S/C7l1Yn0.net
>>116
これもシミュレーテッドリアリティだな
水槽の中の脳みそってやつだ

119: 名無し 2016/10/25(火) 07:12:15 ID:GVaT6/bZa.net
村から建国して大国に喧嘩売るはなし

130: 名無し 2016/10/25(火) 07:35:53 ID:S/C7l1Yn0.net
>>119
ふむ、俺が難しいって言ったことをド直球にやってるわけか

140: 名無し 2016/10/25(火) 07:49:03 ID:GVaT6/bZa.net
>>130
ど直球にやってるわけじゃない
世界地図広げてそこに割り込んでるだけ

142: 名無し 2016/10/25(火) 07:51:45 ID:S/C7l1Yn0.net
>>140
現実に割り込んでるわけか
となるどどの時代かってので歴史的なものとか知識必要になってきて面倒だな
俺は絶対できないわそんなん

156: 名無し 2016/10/25(火) 08:32:21 ID:GVaT6/bZa.net
>>142
現代で民族統合して資源を横流しして稼いで兵器買って武力支配してる

158: 名無し 2016/10/25(火) 08:40:22 ID:S/C7l1Yn0.net
>>156
……イスラム国かな?

128: 名無し 2016/10/25(火) 07:33:51 ID:5+rZJXh40.net
>>1の世界も見てみたいわ

133: 名無し 2016/10/25(火) 07:40:11 ID:S/C7l1Yn0.net
俺?俺の世界は>>119みたく国を作って神視点と主人公視点を行ったり来たりしながらその国がどう発展するか考えてる
主人公含み登場人物は入れ替わり立ち替わりしていく病気であったり戦死であったり色々な理由で

134: 名無し 2016/10/25(火) 07:41:50 ID:5+rZJXh40.net
面白そうだな
そんな複雑で現実的要素が関わるとどうにも頭が痛くなる

137: 名無し 2016/10/25(火) 07:45:17 ID:1WlAW6KK0.net
大抵戦ってるか逃げてるかの妄想だから、国を一から作るのはすごいとおもう。

141: 名無し 2016/10/25(火) 07:50:38 ID:S/C7l1Yn0.net
>>134
>>137
ただ神視点と主人公視点でやれることが変わってくるからな
神視点で知ってる情報を主人公は知らないし
主人公視点でやった行動を神視点で見直してみると想定外の方向に歴史転がりだすし
マップから何からやってるとやっぱり破綻する部分は出てくるもんだよ

163: 名無し 2016/10/25(火) 09:03:18 ID:nz8lK/S/0.net
洋ゲーみたいなSFには憧れるけど
科学知識なんてねえんだなこれが

164: 名無し 2016/10/25(火) 09:06:32 ID:S/C7l1Yn0.net
>>163
最終的にはWikipediaに頼ればいい

165: 名無し 2016/10/25(火) 09:07:33 ID:1WlAW6KK0.net
科学知識なんて自分で作ればいいんだよ

166: 名無し 2016/10/25(火) 09:08:47 ID:nz8lK/S/0.net
発達したロボット兵器に対するカウンターとして
第6感を持つ人の脳構造を模したメカ少女が
大きな日本刀でかっこよく戦うとかそんなのがいいな

167: 名無し 2016/10/25(火) 09:10:13 ID:S/C7l1Yn0.net
>>166
日本人特有の発想だぞそれ

168: 名無し 2016/10/25(火) 09:11:50 ID:nz8lK/S/0.net
そんでどこかでみたことあるなあとか言うんだろ

169: 名無し 2016/10/25(火) 09:16:16 ID:S/C7l1Yn0.net
>>168
だって設定だけならどこかで見たことあるんだもの
というかどんなものだって探してみりゃ二番煎じになるのは仕方ない
肉付けが面白けりゃいいんだ

145: 名無し 2016/10/25(火) 08:04:06 ID:S0c63u5V0.net
今の世界に異世界が被ってる妄想ならある
大きさスケールと時の流れがずれていて向こうの世界からはこの世界は広大で止まって見える設定
例えばこの世界の人は向こうでは自然が生い茂った人の形をした地形に見えたり、水道から垂れてきた水も浮遊している島に見えたり、テーブルの上はどこまでも続く砂漠だったり
因みにその世界ではこっちの世界の表面が見えてしまうほど地形を深く掘ることはタブーとされている

148: 名無し 2016/10/25(火) 08:12:38 ID:S/C7l1Yn0.net
>>145
複雑そうだな…こっちの世界の表面が見えてしまうほどーっていうのがよくわからん

157: 名無し 2016/10/25(火) 08:34:47 ID:S0c63u5V0.net
>>148
例えばこっちの世界にコップがあったとすると、
コップの表面は岩で囲われててふちや中身は土があって植物が生えてる感じ
地形を深く掘ると本来のコップのガラスに到達する
大きさの感覚はガラスのコップのふちに人が普通に歩ける一本道ができるくらい

159: 名無し 2016/10/25(火) 08:42:06 ID:S/C7l1Yn0.net
>>157
つまりすごくミクロな世界と合致しちゃったわけだよな…
ややこしいったらありゃしないわけだが
…ガラスに到達しちゃうとどうなっちゃうわけ?発狂?それともその世界で裁かれるの?

173: 名無し 2016/10/25(火) 09:54:18 ID:S/C7l1Yn0.net
もう終わりかな

174: 名無し 2016/10/25(火) 09:59:52 ID:qHrxITECK.net
面白かったよ
他人の妄想は刺激になるね

引用元: オリジナル世界を妄想してるやつちょっと来い